1. ヴィンテージ コンパクト
  2. 厳選コンパクト・希少コンパクト
  3. ワズワース Wadsworth 純銀 シルバー925 専門書に掲載された逸品コンパクト ダイナミックでエレガントな手彫り スターリングシルバー 手彫金 1930年代 希少品コンパクト

ワズワース Wadsworth 純銀 シルバー925 専門書に掲載された逸品コンパクト ダイナミックでエレガントな手彫り スターリングシルバー 手彫金 1930年代 希少品コンパクト

ワズワース Wadsworth 純銀 シルバー925 専門書に掲載された逸品コンパクト ダイナミックでエレガントな手彫り スターリングシルバー 手彫金 1930年代 希少品コンパクト

送料無料 0

在庫数:
SOLD OUT
カテゴリ:
ヴィンテージ コンパクト > 厳選コンパクト・希少コンパクト
商品番号:
D476
お買い上げありがとうございました
アンティーク彩門 ヴィンテージ・コンパクト 希少品,レア品,アールデコ,Art Deco,ArtDeco,アール・デコ,Flapper,フラッパー,Edwardian era,エドワーディアン
写真のあとに説明文章を掲載しております




















ダイナミックでエレガントな手彫り。彫りの輝きを際だたせるマットな質感。さまざまな演出がみごとに融合されたコンパクトです。

素材はすべてスターリング・シルバー(シルバー925)。コンパクトの専門書にも掲載された逸品です。

アメリカの Wadsworth(ワズワース)の1930年代~1940年代の製品で ルースパウダー(粉おしろい)に対応する ヴィンテージ・コンパクトです。実用にも適しています。(実用方法はこちらをどうぞ



1930年代のアメリカン・コンパクトが、気軽なテーマとしてフルーツや野菜を題材にしていた一方で、高級ラインナップのコンパクトは磨きあげられた美意識を保っていました。この Wadsworth(ワズワース)のスターリング・シルバー(シルバー925)のお品は、そうしたソフィスティケイテッド・テイストを遺憾なく発揮した逸品です。

洗練美の代表としてエッチンガー女史が専門書に取りあげたこのコンパクトを、女史の本とともに撮影しました。写真2・8です。

最初に素材と加工についてお伝えします。素材はスターリング・シルバー(シルバー925)。純銀です。クールで温かな質感をたたえています。目から入る銀色のスマートな印象と、手に触れる柔らかい銀の性質は、シルバー好きの方にはたまらない魅力です。

純銀のあかしは、内フタとお粉の場所に STERLING 、外側には簡略に S と2ヶ所。合計4ヶ所にあります。

この素材の加工方法はシンプルに2つ。「鏡面仕上げ」と「ヘアライン加工」です。対照的なこの2方法を効果的にほどこして、手彫金の良さをいっそう高めています。

写真10をご覧くださいませ。逆 T の字型の部分で灰色っぽく見えておりますところ、ここは「鏡面仕上げ」(金属をミラーのように磨き上げる加工)されています。青い文字で書いております。ここは金属がミラーのように磨き上げられていますので、反射(白色に見えたり)と陰翳(灰色に見えたり)の多彩な表情を生み出します。その変化が魅惑的です。たとえば写真8では、鏡面部分がつよく照り、手彫りの輝きを強調しています。写真11では鏡面部分がやや灰色がかって見え、モノトーンのニュアンスを添えています。

「ヘアライン加工」はマットな質感を出す方法です。単一方向に髪の毛ほどの細い線を付けて、つや消しの効果を出す処理方法です。写真10では白い文字「 A 」「 B 」の部分です。

そして「さすが…」と感嘆しますのは、「 C 」(スミレの所)で示した部分。彫りの内部までも「ヘアライン加工」しています。ここまでのこだわりは滅多に見かけません。が、よく考えてみますと、もしこの「 C 」部分も鏡面仕上げされていたとすると、彫りの良さは半減していたのではないか…と思い至ります。模様内部もつや消しにしたからこそ、太い手彫りのラインが、より力強くなりました。

つぎに一番お伝えしたいこと、手彫金にお話を移します。堂々とした手彫りを、どうぞ写真3・6でご覧くださいませ。緩急自在、強弱のリズムが心地よく、大胆さと繊細さが融合しています。

大胆な彫りはぐいぐいと太く曲線を彫り進んでいます。フォリアージュ(植物文様)の曲線はなめらかに表現されています。力強い美が伝わってきます。

この強いタッチに沿うように並べられた連続彫りは、小さな珠を連ねたようで、繊細な美しさです。太い彫りとよく調和しています。

繊細さのさらなる見所は「 ⅦⅦⅦⅦ 」と見えるところ。写真10で黒い文字で示している小刻みな彫り(幅2ミリの彫りです)、ここがキラキラとした強い輝きを放っています。

内部にも、外部同様に純銀が使われています。写真4をご覧ください。鏡はサイズが合うように特注し、明るい新品ミラーに交換していますので、文句なしのコンディションです。お粉の場所をカバーする内フタ表面には Wadsworth(ワズワース)とスターリング・シルバーの刻印。写真5のお粉の場所にも STERLING と刻まれています。底面も良好な状態です。

Wadsworth は1930年代~1950年代に、高価な宝飾コンパクトを世に出していたアメリカのブランドです(ニューヨークとパリで発売していました)。今では出回る数が非常に少なくなり、その中でもコンディションの良いものは滅多に手に入りません。希少なブランドです。


【 サイズ 】
7.6 cm 四方  重さ… 135 g