1. ヴィンテージ コンパクト
  2. 厳選コンパクト・希少コンパクト
  3. ストラットン Stratton イニシャルを変換できるヴィンテージ・コンパクト リージェンシー型 1950年代

ストラットン Stratton イニシャルを変換できるヴィンテージ・コンパクト リージェンシー型 1950年代

ストラットン Stratton イニシャルを変換できるヴィンテージ・コンパクト リージェンシー型 1950年代

送料無料 0

在庫数:
SOLD OUT
カテゴリ:
ヴィンテージ コンパクト > 厳選コンパクト・希少コンパクト
商品番号:
C829
お買い上げありがとうございました
アンティーク彩門 ヴィンテージ・コンパクト 希少品,レア品,アールデコ,Art Deco,ArtDeco,アール・デコ,Flapper,フラッパー,Edwardian era,エドワーディアン
写真のあとに説明文章を掲載しております














リージェンシー・シェイプのコンパクト。目を引くのは中央部です。二つの窓(5ミリほどの小さな窓)にアルファベットが見えています。この文字を変えることができる、面白いコンパクトです。

このコンパクトは ルースパウダー(粉おしろい)に対応する ヴィンテージ・コンパクトです。1950年代にイギリスのストラットン社によって製造されました。 実用にも適しています。(実用方法は便宜上こちらをご覧ください



目を引くフォルムは「リージェンシー様式」。左右と手前が優美にふくらんでいるのが特色です。リージェンシー時代(イギリス王ジョージ4世の摂政制時代)の趣味をあらわしています。

図案は軽やかな美を伝えています。可愛らしい小花が散らされ、それを濃いロイヤルブルーの曲線が囲んでいます。その外周はクリーム色のストライプ模様で飾られて、軽快な美しさです。

それにしてもやはり、目が向かうのは二つの文字。今は「J」「Y」が見えていますが、これを変えることができます。

変換の仕組みはなかなかにスゴイものです。蝶番あたりのクボミにキーを差しこんでそっと押すと、内蔵されている文字盤が回転し、文字が変わるというものです。

現れるのは左右とも20文字だけです。左窓には「 Q T U X Y Z」が出ず、右窓には「I Q U V X Z」が出ません(左は6文字、右も6文字が当初から設定されていません)。きっと欧米の名前の多寡で決めたことなのでしょう。(キーについては下の説明をご覧ください。)

このほかのメカニズムも充実しています。セルフオープニング・システムです。セルフオープニングは、天面を開ききった時に自然に内フタが開く仕組みです。爪先をいためずに内フタを開ける工夫で、ストラットンの特許です(1948年取得)。

インテリアは写真でご覧いただけるようにとてもきれいです。ストラットンが技術を注いで作った、傑作コンパクト。どうぞ手にとってご覧くださいませ。


【 説 明 】
セルフオープニング・システムも正常に作動します。セルフオープニングは、天面を開ききった時に自然に内フタが開く仕組みです。爪先をいためずに内フタを開ける工夫で、ストラットンの特許です(1948年取得)。内フタをしめる時には、天面をやや閉じ加減にいたしますと、気持ちよくスムーズに閉まります(開けるときは自動、閉めるときは手動です)。

アルファベットの文字盤を回転させる「キー」は残念ながら付属しておりませんが、事前にお知らせくだされば、私どもの方で調整し、ご希望のアルファベットに変えてお届けいたします。

【 サイズ 】
8.6 cm × 6.9 cm   厚さ… 1.5 cm  重さ…120 g