1. フィギュリン 西洋陶磁人形
  2. ロイヤルコペンハーゲン ROYAL COPENHAGEN すばらしい成型技術 やわらかな釉下彩 赤ちゃんを抱く母 フィギュリン アンダーグレイズ No541 崇高な美しさ 御祝ギフトにも

ロイヤルコペンハーゲン ROYAL COPENHAGEN すばらしい成型技術 やわらかな釉下彩 赤ちゃんを抱く母 フィギュリン アンダーグレイズ No541 崇高な美しさ 御祝ギフトにも

ロイヤルコペンハーゲン ROYAL COPENHAGEN すばらしい成型技術 やわらかな釉下彩 赤ちゃんを抱く母 フィギュリン アンダーグレイズ No541 崇高な美しさ 御祝ギフトにも

送料無料 44,800

在庫数:
1
カテゴリ:
フィギュリン 西洋陶磁人形
商品番号:
G951

写真のあとに説明文章を掲載しております










































静かな時間の流れの中で、母と子がひとつになっています。

温かで優しい雰囲気は、ロイヤルコペンハーゲンの「素地の成型技術の高さ」、そして「着彩の技術の確かさ」から生まれています。

崇高な美しさ、出回る数もごくわずか。レアなフィギュリンです。



ブランドロイヤルコペンハーゲン
ROYAL COPENHAGEN
デザイン母と子

(ローブ姿の母が、おしゃぶりをくわえた乳児を抱きしめているデザイン)
型番541
製造年2000年~2004年(推定)
ROYALの R と A の上部に線
サイズ高さ 約 19.0 cm
フィギュリンの状態極上美品 でございますが、ローブ右袖にヘアラインがございます。写真20の薄青の円内をご覧ください。これを考慮して価格を決めさせていただきました。
説 明健やかなみずみずしさに溢れた母。丸い頬や両脚の肉付きに、フレッシュな生命が感じられます。

「素地の成型技術の高さ」は、母の左足によく出ています。膝高く作られた左足は、焼成の工程で垂れ下がることなく、高さを保っています。写真12・13をご覧ください。

この左足は、右足と一体成型されたものではありません。右足とはわずかな一点で接しているだけです(右足とは釉薬でつながっています。写真11)。

よく見ると乳児も、母とは一体成型されていません。乳児の頭部をご覧ください。母とは別に成型された後、組みあわせたものです(写真16)。

乳児の右手も(写真10)、可愛い両足もそうです(写真14・20)。

以上のような巧みな造形は、シンプルなローブ姿だからこそ際だちます。

着彩は、少ない色数と見えますが、よく描き分けられています。

母の顔は、乳児よりもやや濃いベージュ。頬や唇に差したオレンジ色が自然そのものです。

母の髪は茶色。素地のクボミに、茶色成分に混じるコバルトブルーが溜まっていて、髪の陰翳を深めています。

乳児の愛らしさは、薄い髪色や、短い眉、閉じた目の着彩に見られます。


1880年代に、ロイヤルコペンハーゲンは、ヨーロッパの陶磁器界に衝撃を与えました。フィリップ・シャウ(総監督)、そしてアーノルド・クロー(芸術監督)が「釉下彩」を成功させたのです。

それまでは〝線だけ〟によって描写されていた下絵付けの絵柄を、クロー(芸術監督)は〝面で〟表現しようとし、胎土の広い面積に色を付けました。その後に釉薬を吹き付け、高温焼成しました。

その結果、窯の高温によって溶けだした着彩が、えもいわれぬ「にじみ・ぼかし」となり、「おぼろげな空気感」を出すことに成功しました。水彩画のような淡々しい効果を得たのです。
お届け安心・確実な「玄関でお手渡し」の日本郵便ゆうパックにてお届けいたします。配達希望時間の指定ができます。お手数ですが対面でのお受け取りをお願いいたします。ご不在の場合は不在票が入ります。